スイス〜ドイツ〜フランス 建築探訪part2

part1から引き続き。

スイス・ローザンヌからのスイス・リヨン入り。

ローヌ川とソーヌ川の中州エリアは世界的規模の再開発エリアで、ポジティブ・エネルギー型建築促進により

著名建築家による作品のオンパード。

クリスチャン・ド・ポルザンパルクの行政庁舎

 

Exif_JPEG_PICTURE

コープ・ヒンメルブラウによる自然史博物館

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

川沿いに並ぶ商業施設。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

集合住宅群。河川敷は市民の憩いの場

Exif_JPEG_PICTURE

川沿い河川敷には屋外プールも

Exif_JPEG_PICTURE

ランニングや自転車で行き交う人々。水辺で思い思いに寛ぐ光景は日本では少ないのでは。。。

堤防ありきではなく、これだけの広い河川敷があるのは都市計画や、しいては文明発展の根源に通じるかと。

Exif_JPEG_PICTURE

オープンテラスのカフェが数店舗、数百メートルに渡って続く。

しかも若者だけに限らず老若男女がカジュアルに日常的に利用するこんな風景は羨ましい

Exif_JPEG_PICTURE

路地に入ってもこんな風景が街のあちこちに。

Exif_JPEG_PICTURE

5日目。レンタカーでリヨン郊外、まずはコルビュジェのラトゥーレット修道院。

世界遺産登録された建築群の一つ。

非常にコストがない中で造られた建築。今なお修道士が暮らす。

内部の見学ツアーは残念ながら曜日が合わず。。。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

引率の先生指導のもと、学生たちが建築スケッチしている場面に遭遇。

Exif_JPEG_PICTURE

教会だけでも観たかった。。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ここにもアイコン的ガーゴイル(雨樋)

Exif_JPEG_PICTURE

そして、フィルミニへ。

こちらも世界遺産登録された建築群が複数存在する、コルビュジェが手掛けた街。

新たに整備された住宅地区の敷地に文化会館、集合住宅、競技場、教会がある。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ここにもアイコン的ガーゴイル(雨樋)

Exif_JPEG_PICTURE

こちらの屋根は吊り構造、施工風景の写真紹介

Exif_JPEG_PICTURE

モックアップ。軽量化を図るための軽量気泡コンクリートと、断熱層と防水

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

モデュロール。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

そして教会。こちらはコルビー没後資金難で工事が41年もの間中断。

全て完成したのはごく最近で2006年。

%e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6moka%e8%a8%ad%e8%a8%88%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b81 %e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6moka%e8%a8%ad%e8%a8%88%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b82 %e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6moka%e8%a8%ad%e8%a8%88%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b83

教会内部。効果的に自然光を取り込んでいて荘厳な雰囲気

%e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6moka%e8%a8%ad%e8%a8%88%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b84 %e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6moka%e8%a8%ad%e8%a8%88%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b85 %e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6moka%e8%a8%ad%e8%a8%88%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b86

ユニテダビタシオン(集合住宅)

約400世帯が暮らしている。

%e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6moka%e8%a8%ad%e8%a8%88%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b87 %e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6moka%e8%a8%ad%e8%a8%88%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b88 %e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6moka%e8%a8%ad%e8%a8%88%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b89 %e5%bb%ba%e7%af%89%e5%ae%b6moka%e8%a8%ad%e8%a8%88%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b90

6日目。リヨン国際空港。

2004年にバルセロナオリンピックスタジアム、ルツェルン駅舎以来のカラトラバ。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

以上4泊6日の強行スケジュールではありましたが、充実の旅でした。

ライカ購入!

というと名機カメラを?と思われますが、購入したのはレーザー距離測定器。

Leica DISTO D110

建築家名古屋moKA建築設計1

テープメジャーで測れないような高所や、長距離60mまで測定可で誤差はプラスマイナス1.5mm。

何より便利なのはBluetoothで連動できるので、いちいちメモとりせずに即スマホに入力。

しかもXY入力で面積まで算出してくれるという優れもの。

しかもしかもLeicaです。。。

建築家名古屋moKA建築設計2

 

さっそく活用したのが、直接の距離測定ではないこんな使い方。

 

いま進めている築30年の錦の商業ビルリノベーションで、現状外壁にスキンを新設するのに

道路までクリアランスがどれくらいあるかの確認。

2層吹抜け地上約7mの高さから「下げ振り」を降ろすこともできず、地面にLeicaを垂直に立てて

軒下エッジにポイント設定し、そこでLeicaと道路境界までの距離を確認することができました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

136mmあったので、鉄骨胴縁下地と外装化粧材までなんとか越境せずに納まりそうです。。。

Exif_JPEG_PICTURE

 

豊田市美術館課外授業 愛知産業大学

今年度から愛知産業大学建築学科の非常勤講師をしており、夏休み前最後の授業の一環として

学生達を連れて豊田市美術館へ見学に行ってきました。

ちょうど企画展として「ジブリの立体建造物展」を開催中、しかも藤森照信氏が監修と

いうことで建築見学とセットで絶好でした。

Exif_JPEG_PICTURE

まずはアプローチから。

谷口吉生氏の美術館建築と作庭の関係性においていくつかパターンがあるが、

こちらは建物のフロント部分に庭を配し、ここを通ってアプローチさせる。

(他には、土門拳記念館にみられるような庭を建物の横に置きこれを観ながら内部へいざなう、

もうひとつは、MoMAにみられるような内部に入ってから庭をみせるパターンなどがある)

 

ちなみにこの庭の設計はピーターウォーカーとの協同によるもの。

Exif_JPEG_PICTURE

そして土門拳記念館同様、水盤との関係。

豊田市美術館ほどの広大な敷地と、これだけの規模の建築は豊田市の財力によるわけで、

延床面積は土門拳のそれの約5倍ほどで、谷口氏設計の美術館のなかでも2番目の規模。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

水盤のフロントにある屋外アートはダニエルビュランの作品。

開館当初はなく、数年後に新たに設置された。

新婚旅行で訪れたパリのパレロワイヤルの作品が印象的だった。。。

ストライプがモチーフの作品が多く、コムデギャルソンのコラボアーティストになったこともあったはず。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

内部空間は撮影禁止なので写真はないが、作品のみせ方の妙技について解説しながら内覧。

特に企画展展示は対象物としての作品を、正対してみせ、横からみせ、はたまた斜め上から

俯瞰でみせたり、と建築空間を巧みに操作して来館者の目線を楽しませる。

何回来てもイイと思わせる美術館です。

 

ジブリの展示もかなり見応えあり。

劇中登場する建造物の意味、様式など徹底的な考察からつくられた描写はかなり周到なもので

あることがうかがえる。

ひとつの建物を描くのに、スケッチばかりかちゃんと平面図まであったりと、宮崎駿氏は

建築設計者ですね。

Exif_JPEG_PICTURE

学生達と茶室で一服。

Exif_JPEG_PICTURE

覚王山お花屋さん工事進捗

覚王山お花屋さん工事進捗。

moKAの看板も掲示させていただいています。

杭工事着手。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

現場監督立会のもと、配筋検査。

基礎鉄筋の径、本数、間隔、かぶり(型枠との離隔)などチェック

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

検査当日はちょうど覚王山参道の縁日でした。。。

Exif_JPEG_PICTURE

琵琶湖一周

 

 

 

 

 

久々の自転車ネタ。。。

ローディー仲間3人で琵琶湖一周。

厳密には琵琶湖大橋ショートカットですが、距離にして約150km。

早朝名古屋から車で輪行、長浜城スタートです。

建築家moKA設計1 建築家moKA設計2

 

琵琶湖北部は田園風景、昼でも真っ暗なトンネルもありライト必須。

建築家moKA設計3

湖上に浮かぶ鳥居。

白髭神社はパワースポットとのことでちょっとした賑わい。

建築家moKA設計4 建築家moKA設計5

琵琶湖大橋より。

建築家moKA設計6

途中メンバーのパンク2回などありましたが、事故なく無事走破できました。。。

 

 

覚王山お花屋さん 模型 by moKA建築工房

覚王山お花屋さんの模型が完成。

前回のブログはこちら

申請業務も盛りだくさんありましたが、宅地造成事前合議、人にやさしい街づくり条例、

省エネルギー届出、消防計画届、構造適合性判定、そして確認申請も決済となり、いよいよ着工です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

模型は各階が分解できるようにしてあります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

庭園勉強会@名古屋市千種区 古川爲三郎記念館 

先日、所属する建築士会企画の庭園勉強会参加のため、古川爲三郎記念館へ。

途中、覚王山の花屋クライアントさんのところを訪ねたところ、古川美術館の一連の施設に

お花を納めているということが判明。

御両者の歴史に身が引き締まります。。。

さて、今回の勉強会講師の野村勘治先生は、愛知万博日本庭園監修をはじめ、桂離宮など

日本の名庭を百以上も研究された方。

江戸時代まで遡る、ここ名古屋の「庭」の歴史から始まり、爲三郎記念館の庭と建築の成り立ち

などかなり奥深いレクチャー。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

意図的に花を配さない庭と、床間に花を一輪だけ配す建築との関係。

Exif_JPEG_PICTURE

広縁には市松の無双窓や、円形下地窓など桂離宮の意匠があり、これはアイコニックでした。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

その後、野村先生が庭のお世話をしているという近くの個人邸へ。

紅葉と松で構成され、屋内から観る南北に配された庭の抜け、規模だけではない

その奥深さは圧巻。

松は高い位置で適度に日差しを遮り苔むす庭をつくり、紅葉はその葉が「透ける」ことで目線が抜ける。

樹種の選定にも計算された深い意味があることを知らされました。

 

池下覚王山界隈はその昔、名古屋の別荘地だったという、当時からの庭が受け継がれていることが

とても素晴らしいと只々感服でした。

 

moKA建築視察

諏訪方面へ建築視察。

茅野市の「神長官守矢史料館」は設計者でもある藤森照信氏の生家のすぐ近くにある。

(多治見に藤森氏設計のモザイクタイルミュージアムOPENしたばかりですね。。。)

 

Exif_JPEG_PICTURE

このアングル、SWのスターデストロイヤーを連想するのは私だけでしょうか。。。

Exif_JPEG_PICTURE

外壁にはサワラの木(ヒノキ科の常緑針葉樹)を採用、あえて防腐塗装も何もしていないとのこと。

構造躯体は以外にもRC造です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

藤森氏らしい軒先の樋と縄ひも

Exif_JPEG_PICTURE

 

ちなみに下の写真は以前訪れた近江八幡のラコリーナの草屋根軒先。

こちらは草屋根に降った雨が直接ぽたぽたと落ちる納まり。

Exif_JPEG_PICTURE

神長官守矢家は古代から明治時代の初期まで、諏訪大社の神長官という役職を勤めた家系で、

史料館には神事で使われたお供えものや古文書などが展示されている。

Exif_JPEG_PICTURE

そしてすぐ隣にある藤森氏所有地に建つツリーハウス。

足元までは立ち入って見学自由です。

 

Exif_JPEG_PICTURE

こちらは先回のあいちトリエンナーレでも展示されてましたね。

「空飛ぶ泥舟」

Exif_JPEG_PICTURE

森林と建築の勉強@八ヶ岳

今年も1泊2日で八ヶ岳開山祭へ。

Exif_JPEG_PICTURE

毎年トレッキングの前にキャプテンから森林レクチャー。

(山のキャプテンは、元JALのキャプテンでもあり御歳70間近。。。)

これが建築の勉強にもなる。

 

キャプテンの山荘がある蓼科は、昔はリゾート地として多く別荘が建てられ開発も進んだ事もあり、

行政が植樹を推奨し、1本植えるごとにいくらか支給される仕組みがあった。

こぞって植樹されたのはカラマツ。なぜなら早く育つから。

それから40年ほど経ち、確かに緑は戻ったが、現在はカラマツが多くなりすぎて低木が育たない。

これがどのような問題に発展するか。。。

そのカラマツは20mほどまで成長、高い木は30mほどにもなる。

常緑ではないので、年中地表面は影になり、低木が育たない、木の種ができない、鳥も来ない。

落葉であれば、腐葉土が生まれ、前述の状況も改善されるのと同時に、保水性もあり、強いては土砂災害

を防ぐ事ができる。先般の南木曽の災害は杉林だったが、同じ状況があっての事態だ。

キャプテンは何度もカラマツの間伐や、広葉樹の植林などの実施を行政に働きかけても反応は薄く、

時には広葉樹を伐採したりする始末。

推奨されるべきは、広葉樹と針葉樹の混合林である。

 

一方、ドイツ、オーストリアは寒冷地ということもあり、森林面積は日本の1/3にもかかわらず

この森林をうまく活用している。

伐採した木は第一に建築資材に。5cm厚の合板をパネル化し活用している。

副資材はペレットに。

原発もないなか電力利用を抑え、年間の熱源を確保するのに地域の暖房をシステム化。

仕組みは、この安価なペレットを熱源に自動で燃焼するシステムがあり、地下から各施設に配分する。

日本は環境先進国にまだまだ見習う事ばかりだ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

そしてトレッキング1日目。

八子が峰から親湯へ。

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

キャプテンの山荘に戻り、BBQとキャンプファイヤー。

Exif_JPEG_PICTURE

山荘で談笑。

6月とはいえ、夜はまだマキストーブは必要。

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

2日目。

蓼科ロープウェーで中腹まで登り、北横岳頂上を目指す。

Exif_JPEG_PICTURE

下山後は、近くに東山魁夷の作品の一つのモデルではないかと言われている御射鹿池へ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

今回も充実の 八ヶ岳でした。。。

 

ミラノサローネ2016

 

今年のミラノサローネの報告会を聴きにarflex名古屋へ。

arflex名古屋は、元々CORNESが入居していたビルへ移転したのでそちらの内覧も兼ねて。

 

トピックとしては、Cassina社は来年90周年を前に、アートディレクターにパトリシア・ウルキオラ

(”Origins of the Future(未来の起源)”というコンセプトで)を迎えたことが驚きだったのと、

フィンランドを代表した建築家アアルトが設立したartek社が、Vitra社に買収されたとのことで少々残念な。。。

アイテムとしては、居住空間におけるパーソナルチェアやデスクのあり方が面白かった。

 

ちなみに2012年にミラノサローネに行った際の私のブログはこちら。

http://mokadesign.jp/blog/archives/342

http://mokadesign.jp/blog/archives/341

 

mokaデザイン建築家設計jpg